あんまんGames!

初めまして、あんまんと申します!このブログでは、初心者ゲーマーである私がプレイの上達を目指し、日々の模索を記録しています。アドバイスやご意見がある方は、是非ご指南頂ければ嬉しいです。

【Shadowverse】ミッドレンジロイヤルが警戒すべきカード(ドラゴン・ヴァンプ編)【A0ランク】

どうも!あんまんです!

 引き続き、本格スマホカードバトル「Shadowverseです。

shadowverse.jp

 今朝の出来事です。ランクマッチでA0に昇格しました!

f:id:anman_Blog:20160725075150p:plain

 BPが20000ぴったりです。

 使用デッキはこちら。

f:id:anman_Blog:20160725075220p:plain

 前々回のデッキと大きく変わっているので、改善点を紹介しておきます。

【抜いたカード】

ヴァンガード(1c)×3

・オースレスナイト(2c)×2

・猛襲(5c)×2

【入れたカード】

・ノーヴィストルーパー(3c)×1

・アセンティックナイト(3c)×2

・ロイヤルセイバー・オーレリア(5c)×1

・風神(5c)×2

・ドラゴニュート・シャルロット(8c)×1

 

 低コスト帯(1〜2c)を5枚減らしたのは、フェイス寄りの動きを減らすためです。ミッドレンジの強みである中盤・終盤に、手札事故が起きることを防いでいます。

 また、除去カードがツバキのみになっていますが、それは風神(バフ)を採用したためです。除去という手段に変わるよう、強い動きを更に強化することで、負け筋を減らしています。

 

 さて、前置きはこのくらいにして、本題に参りましょう。

 今回は、ミッドレンジロイヤルが警戒すべきカードのドラゴン・ヴァンプ編です。

 

ドラゴン

 7PPから覚醒が発動するクラス。主流なデッキは、ランプドラゴン、サタンドラゴン、ミッドレンジドラゴン。

f:id:anman_Blog:20160725090200p:plain

 まずは、ジルニトラ

 ファンファーレと進化で、ドラゴン(5ー5)を2体出されます。ミッドレンジロイヤルに終盤戦を戦う余力はなく、ここまでもつれ込んでしまったらほぼ決着は付いたようなものです。こちらの息切れにダメ押しのドラゴン2体は、マジでキツイです。

 ジルニトラを想定して中盤戦を立ち回るか、出てくるまでに速攻で押し切るかしたいですね。

 

f:id:anman_Blog:20160725090238p:plain

 そして、灼熱の嵐

 ドラゴンにももちろんあります、全体除去。横に並べる戦法にとってこれが一番厄介です。7cなのであちらの足も止まりますが、いずれにせよこちらにとっては大きな痛手になります。

 入るダメージは4ということを覚えておいて、立ち回りに活かしたいところです。

 

f:id:anman_Blog:20160725090259p:plain

 ラストは、プリズンドラゴン

 攻撃はできませんが、3cで4ー3の守護。序盤戦で大きな足止めを食らうので、ミッドレンジロイヤルにとってはものすごく嫌なカードです。足止めを食らっている間にも、相手の覚醒は着々と近づいてきます。

 出てきたら速攻で倒すしかありません。私は出てこないことを祈ってます。

 

 他にも、覚えておくべきカードと立ち回りがあります。

 まず相手の4ターン目、特にあちらが後攻の場合。間違いなく、ドラゴンウォーリア(4c、3ー4)の進化でこちらフォロワーが2体破壊されます。防ぎようがないので、3ターン目のカードは生贄のつもりで出しておくのですが、その時相手の場にはプリズンドラゴン(3c、4ー3)が。こちらの中盤戦をことごとく邪魔してきます。この二枚をどう処理するかで中盤戦以降の戦いが決まるので、できるだけ無駄なく倒したいところです。

 また、序盤・中盤をうまく押していてもルシフェル(8c、6ー7)で回復されることもしばしば。このカードはクラス・ニュートラルなのでいろんなところに出てきます。

 とにかく、終盤戦やその先にもつれ込まない戦いをしたい相手です。ジェネシスドラゴンやハイドラ、ファフニールが登場するようならその勝負はこちらの負けが濃厚です。

 

ヴァンパイア

 体力10から復讐が発動するクラス。主流デッキは、コントロールヴァンプ、アグロヴァンプ、疾走ヴァンプ。

f:id:anman_Blog:20160725093041p:plain

 一番怖いのが、黙示録

 注目すべきは、復讐状態なら4cで打てるという点。下手に序盤から相手の体力をゴリゴリ削りすぎると、4ターン目に打たれます。相手のフォロワーを含む全体に8ダメージなので、体力を削るのか盤面をとるのか、状況に応じて変えています。

 今のところは、低コストで釣った後に乙姫を展開する、というおなじみの対策をしています。

 

f:id:anman_Blog:20160725093124p:plain

 次は、セクシーヴァンパイア

 ファンファーレで5の吸血をされます。終盤戦のダメージソースが乏しいミッドレンジロイヤルは、体力を回復されてはどうしようもありません。

 こいつが出てくる前に、どうにか勝ちきりたいです。

 

f:id:anman_Blog:20160725093205p:plain

 ラスト、漆黒の契約

 一瞬で相手に6ダメージが入るので、相手の体力が一桁になることもあります。ですが、それに釣られると相手の思う壺。ドローソースと回復ソースを確保した上で、復讐状態を近づけることができるため、体力は減っているかもしれませんが相手が非常に有利な状況です。

 迂闊な手を出さず、ある程度手札を残した上で対処しています。

 

 復讐があるせいで、ミッドレンジロイヤルはヴァンパイアと非常に相性が悪いです。

 序盤から体力を削っていくのがミッドレンジロイヤルの強みですが、それが逆に相手を有利にしてしまうのです。終盤にはセクシーヴァンパイアやアルカードといった回復役も控えているので、本当にやっかい。

 序盤・中盤・終盤、隙がないと思うよ。いや、冗談じゃなく(笑)

 バーストダメージの計算や盤面の掌握など、基本的なことを丁寧にやることが大事だと思います。相性の悪い敵ではありますが、勝つことが100%不可能というわけではありません。数少ない勝ち筋を見極めて、カードゲームらしく頭脳戦で勝ちたいですね。

 

次回はウィッチとビショップ

 この2クラスは、じっくり頭を使って戦う印象。除去や守護が多いので、こちらとしてはしっかりと盤面を取ることが大事です。

 実は、私はウィッチデッキも使っています。未完成のためランクマッチで使用したことはほぼありませんが、ロイヤルとは違った楽しさに惚れ込んでしまい(笑)、フリーマッチでよく使用しています。

 なのでその程度ではありますが、ウィッチ視点から見たロイヤルの嫌な動きも紹介できたらと思っています。やはり相手視点を経験してみると、発見も多いです。

 勝ちにこだわっていくために他のデッキも作ってみたいですが、カードが全く足りていないのが無課金の辛いところ……。

 それでは、今回はこの辺にしておきます。

 次回の更新までに、A1に上がれたらいいなと思っています。